Megabass ビワマスロッド発売

琵琶湖の宝石ともよばれる「ビワマス」狙いを想定したレイクトローリングロッド「トラッキングバディ」が登場。

様々なスタイルに対応する3モデル展開が予定されているが、そのロッドの傍らには名優にして熱烈なメガバスフリークとしても知られる反町隆史さんのシグネチャーアイコンである「T.S」の文字があしらわれている…!

GREATHUNTING TRACKING BUDDY

日本が誇るマザーレイク、琵琶湖に生息する日本固有種のビワマス。

GREATHUNTINGは、レイクトローリングによる釣法にこだわり、着実にビワマス漁の成果を上げている本職のビワマス漁師と共に、スペシャルロッドを開発。

いかなる状況下でも「獲る」ための、レイクトローリングスペシャルです。

GREATHUNTINGレイクトローリングPROJECTには、アイティオーエンジニアリングが合流。普遍の名作、「Destroyer TSシリーズ」を生み出したように、量産プロダクツには未導入の革新的な技術が先行して注ぎ込まれています。

操船がもたらす強大なトルクと深部の高水圧環境下でのバイトが招く、鱒の口切れを徹底的に抑え込む、ロッド製法のNEWメソッド、M.A.S.T(※MEGABASS ACTIVE SUSPENSION TAPER)テクノロジーを先行導入。

それは、まさにアクティブサスペンションの如く、瞬間的かつ、突発的に加圧される衝撃による応力を瞬時にシャフト全体で受け止めて分散。衝撃を瞬時に吸収して緩和する、しなやかな特性を応力に応じて発揮。

巨大鱒のやり取りなど継続的に負荷をかける高荷重時は、矢が放たれる瞬間までビシっと張り詰める弓の如く、硬質な芯をもたらすシャフトテンションがリフティング剛性を高め、巨大鱒に遊ばれない短時間のランディングを遂行。

あくなき追撃者の相棒、「トラッキン・バディ」は、ビワマスをはじめ、サクラマス、レインボー、ブラウンなど、様々なドジャーに適応するレッドコアトローリングにシステマティックに対応。

的確に「獲る」ためのラインアップでハンドビルドします。